岡ちゃんが考えるチューニングメニューのいろは・・・・・・

シルビア15・14・13に乗ってる人で、通勤だけに使ってて、ただの足に使ってる方っていませんよね???特にここへ訪れる方では・・・?もし、そんな方がいたら、迷わず私が買い入れますから、オートマの2BOXでも買ってください。もはや、貴重な価値観まで出てきたシルビアですから・・・。走ることの楽しみを分かち合える方にお譲りください。

だって、こんな楽しく遊べる車は、他にはありませんよ!ただ速く走るだけなら、4駆ってのもあるけど、あんなのはただ、アクセルを踏んでいりゃ〜良いし、電子デパイスが付いてるから、車が勝手に走るだけで、運転は上手くなりません・・・。

また、シルビアって車は、現在チューニングされてる車の中で、いじっていく上で一番変化率が大きい車なのよ!なんといっても、CPUをセッティングするだけで感激する位だぞ!岡ちゃんのお客さんたちは・・・。

じゃ〜何処からいじくるか説明すっからよ〜く読むんだぞ!!

まず、はじめに足回りからだ。一応ターボなので初めて乗った人にはパワーは十分だと思うから、まずはハンドリングから決めよう!ここでは、走らす上での理想的な車のいじり方を順を追って説明していくから、予算はとりあえず無視するぞ!!

まずは、シートから。フルバケ・セミバケどちらでも良いけど、車を走らす上で、コイツが無ければ始まらない!!何故かと言うと、体を固定することで、リラックスして体の力を抜いてハンドルを回すことができるから確実なステアリング捌きができ、無駄な事故とかも防ぐことができます。

なんと言ってもやはり、レーシーでしょ・・・。

バケットシートから、チューニングが始まるなんて、考えてなかっただろ?ここが、そこらへんのチューナーと違うとこよ!岡ちゃんが使ってるバケットは、ブリットのGIASやZETAVや、BRIXUだ。GIASはリクライニングバケットの頂点を目指して作ったシートだ。ZETAVは、フルバケでシンプルだけど、走りやすい定番シート。BRIXUは、リクライニングで楽チンで、しかもサポートはしっかり!!当然岡ちゃんも使っています。

ブリットGIAS 150000円〜
ブリットZETAV 57000円〜
ブリットBRIXU 78000円〜

それから、次は車高調をいっときたいね!これは車高が下げる事ができて、直巻きのバネを使って、乗り心地も損なわないという、ヤシオスペックプラスとかヤシオスペック快速とかの事だぞ!これらの車高調を付ける事で、ノーマルのゴツゴツ感、フワフワ感や、ロール感を抑え、ご機嫌なハンドリングになるんだ!!

それと、車高調と一緒に交換しておきたいパーツはアーム類。ピロアッパーアームは、フロントのロアアームを前から引っ張ってトー変化を抑える役目を果たしています。リアアッパーアームは、リアのキャンバーを付けたり起こしたりする調整アームです。リアトーコントロールアームは、リアのトーを調整するアームです。

また、ニスモのパワーブレスは、ピロアッパーから掛かってくる荷重ストレスを分散させるためのパーツ。「岡ちゃん極」これは、コアサポートへ来るストレスを緩和させてボディーを保護する為のパーツです。

これらのパーツがハンドリング関連パーツで、これらを付け、しっかりアライメント(岡ちゃんスペシャルセット)を取れば君も、谷口にもなれるし岡ちゃんにもなれる?????

ヤシオスペックプラス(現在廃盤)  
ヤシオスペック快速(現在廃盤)  
取り付けアライメント 38000〜

イケヤピロテンションロット  
イケヤリアトーコントロールアーム  
イケヤリアキャンバーアーム  
イケヤフォーミュラーのアームは車検も簡単に取れて安心!!

ニスモパワーブレス  
岡ちゃん極  

そして次は、ブレーキパットにデフをいっておきたいとこだね!!ブレーキパットは、初心者には、エンドレスのSSSというヤツが、扱いやすくて良いね!金額は16000円だけど、侮るなよ!!これ、マジで良いから・・・・。

中級者以上は、エンドレスのNARしかない!これほどコントロールしやすいパットは無いだろう?筑波2000の57秒台でも、これなら思いっきり行ける!!
エンドレスSSSパット F16000〜 R16000〜
エンドレスNARパット F25000〜 R25000〜

取り付け工賃  20000〜
ブレーキオイル交換DOT5オイル代込み20000〜
これがドリフトってことになると、ブレーキはリアだけSSSとかでも良いと思います。ドリフト時は前ブレーキはは利かない方が良いんだもん・・・。

次はデフ!!デフって、すごい仕事をしてるんだぞ!なんと言っても、油温が200度なんて余裕で超えちゃう位、ケースの中身はとても過酷なんだ!?だから、デフケースは頑丈なものじゃないと、ケース剛性不足で、デフブローなんてことも・・・。やっぱり、信頼できるニスモのGTプロだ!なんと言っても発売に至るまでのテスト量が半端じゃない。全く岡ちゃんニスモに付き合ってると疲れちゃうよ!まだまだまだまだ・・・ってうるさいんだもん・・・。

★ここで1.5WAYと2WAYデフの用途別での選び方をと・・・。

@グリップだけやりたい人は1.5Wayを薦めます。
(コーナー進入時のブレーキング現象が無いため)


Aハイスピードコースでのグリップ(FISCO等)は2WAY。
(ブレーキングの安定性を取るから)


Bグリップもドリフトもそれなりにやりたい人は1.5WAY
(どちらでもやり易い・・・)


Cドリフトだけとか大会に出たい人は、2WAY
(切れのあるドリフトにはWAYが良い)


ニスモGTLSDプロ  
取り付け工賃 25000〜

■S15のエンジン関係をいじくる場合は・・・。
晴れて15オーナーになられた方、乗ってみてどう思いましたか??はえ〜〜っ!!とか、まあまあかな・・・。おせ〜〜〜っ!!って、これは、三者三様だと思うけど・・・・・・。

大体は、慣れてくるに連れツマンナイ・・・?ってことになるワケ・・・。それを裏付ける資料として、ウチに来てくれる皆から貰ったアンケートの中で「もっとパワーが欲しいんです」って回答が圧倒的に多いのです。

最近は、大人も走りを楽しむ時代になったのか、年齢層もかなりワイドレンジになり、ビックリするなよ。ウチのお客さんの中には、60歳台の青年もいるんだぜ!!ということは・・・30・40代は、ハナタレ小僧ってことさっ・・・俺もか(笑)

そうなんです。大会社のエライ人間が、ゴルフしかやってないなんていう貧困民族は日本だけですよ・・・。

ヨーロッパだって、アメリカだって、モータービークルは立派な趣味として認識されてるワケよ!!なのに、車の趣味イコール即暴走?とか、社会悪とか・・・日本は、トヨタや日産やホンダと・・・世界に誇れるメーカーが一杯あるのに、何故もっとユーザーに対してアフターフォローしないのか??

反面、アフター業界が、ちょっとでも良くなると(オイシク見えると)今までは、暴走族のショーだって言ってたメーカーが、東京オートサロンに裸足でズケズケと入ってきて我が物顔!!

メーカーさん・・・。我々は暴走族じゃないんですね???時と場合で、コロコロ態度を変えないでね????ドイツのメーカーは、ちゃんとチューニング業界と共存共栄してますよ。って話がすんげ〜〜〜それだけど・・・。最近は大人でも遊びたいって人がいっぱい増えてるからこそ、岡村義塾も結構人気があるんだよ!!

さて、前置きが長くなったな・・・。いよいよ本題に入るかね!!
まず、どこからいじくるかって事ですが、私は走りに興味があるのであって、いじくるのは・・・?って考えでノーマルで走ってるおじさん・・・??・・・あなたのことです。これが一番危険です。そうなんです。残念ながら、今のメーカーの作る車はスポーツ走行には耐えられません・・・。

まず、プラグが解けちゃうんです。そして、ちょっと上手い人なら、水温はグングン上がって、あっという間にオーバーヒート・・・。
ウチの客で、おバカなパル吉ってヤツがいますが、ノーマル15でエンジンを壊した兵がいます・・・。そうなんです。走りが好きなら、ある程度は、いじくる必要があるんです。SRは。プラグはノーマルなら、7番で良いでしょう、ブーストアップなら8番です。

HKSレーシングプラグ7番(※)  
HKSレーシングプラグ8番(※)  
※HKSスーパーファイヤーレーシングプラグの略です。

また、クリーナーを買う場合は、ここでパワーが決まってしまうって事を考えて買ってください。空気が入る一番最初の場所です。ここをケチっては、後々まで響きますから、ここには、お金を掛けてください・・・。

私がお奨めするのは、HKSのレーシングサクション。これはクリーナーだけじゃなくて、タービンの入り口までもがアルミのパイピングで、空気を綺麗に整流しながら入れていくという考え方なのですが、純正だと、ゴムの蛇腹ホースなんだけど、ここがかなりの抵抗になっている為に、ブーストを掛けていくと吸われて変形し、かなりの抵抗になります。だから、ステップアップしていくにしたがって、どんどん違いが出るワケだ!
他社からもイロイロ出ているが、私がテストした中では一番HKSが良かった。今のHKSで一番良い商品だと私は言っています。

HKSレーシングサクション  

そして、次はフロントパイプの交換。
これは何Φとか言ってるけど、パイプのΦ数が重要ではない・・・。EXテンションからの入り口(フランジ)のところのΦ数が重要なんです。だって、入り口が60Φに絞ってあるのと76.3Φじゃ抵抗が違うでしょ?ヤシオのEXテンションは出口が76.3Φだったら、フロントパイプも76.3Φじゃなきゃ〜段がついてすごい抵抗になるってワケね。
ヤシオFパイプ  
EXテンション  

そして次は触媒。ここを変えなきゃパワーは出ないぞ!!ノーマルの触媒は「パワーを落とすためについている!!」クリーナーを換えて、一杯空気を入れたくても、お尻で絞ってちゃ〜パワーは出ません・・・。だったら、変えなきゃダメなんです。ストレートパイプと殆ど変わらない性能で浄化性能もバッチリです。岡ちゃんのD1SL号にも使っている「500PSオーバーOK」
岡ちゃんスーパー触媒  

最後にマフラーは、本当に難しいぞ!!
も〜いい加減にメーカーもちゃんとしたものを作って欲しいぞ!!だいたい、岡ちゃんはオリジナルなんて作りたくないんだよ!!俺たちショップが作る場合は、ロット数も少ないし原価もかなり高くなる。だって、GTRだってシルビアだって材料は同じしか使わないだったら同じに売っても良い筈だけど、シルビアは設定金額も安くしなきゃ売れない。だから、本当はやりたくないんだよ・・・。メーカーさん!!

今はやっぱり、ちょっと前みたいにうるさいのは流行らないのかな・・・合法って事も考えると、やっぱり静かめ。そうするとタイコは絶対に2個必要だから金額も高くなる・・・・・。

また、最低地上高も、車高短だけに考えて作らないと擦ってしまう。メーカー系のこの手のマフラーは静かだけど、タイコの中で50Φ〜60Φに絞ってるので、パワーは出ません・・・。

それじゃイヤなんですよ・・・。適度に静かでも、パワーが出なけりゃ、これはセッティングとかでは無理です・・・。だから、オリジナルが必要なワケよ。トホホ・・・・・・・金が・・・・・・。

そうなんです。この手のマフラーは難しいんですよ。パワーも出るようにタイコの中を絞らないでしかも静かに・・・。そして最低地上高も確保してるマフラーはそうそうありません!
スーパーサイレントマフラーV  

ここまで来たら、CPUセッティングをして、劇的に変わるってことを考えてみたら、パーツを変えるって事は、視覚的にも満足度も買えたって事を充分アピールできるワケだ!?でもね、パーツを付けた後には、絶対に調律が必要なのよ!これが、ここまでやった後に岡ちゃんがCPUをコチョコチョとやると、そりゃ〜ビックり!なんでこんなにレスポンスとパワーが違うのってね・・・・・・。チョコチョコって・・・言うは易しだけど、ここまで言い切れるまでには、何千台とシルビアをセッティングし続けてきた中での経験とた膨大なデーターが私の頭の中にあるからいえるのです。

セッティングに時間が掛かって、しかも値段の高いお店は良いセッティングが出来るか??全てをノーとはいいませんが、限りなくノーでしょう。それは自分のセッティング能力に自信が無いからともいえます。経験値の高いチューナーほど、仕事は早いものです・・・。そんなの当たり前のことなんです。今までたくさんの車をセッティングしてきたんだもん・・・。現車合わせですから、当然走ります。走るからには大きなリスクも付いて回ります。ウチのセッティングの値段は、机上の空論ではなく、私の命の切り売りだと思ってください。高いか安いかはあなたの判断に任せます・・・。
岡ちゃん現車CPUセッティング 65000〜

CPUをセッテイングする前にとか一緒にやる事を奨めるパーツは、インタークーラーだ。

このパーツはタービンで圧縮されて熱を持った空気を冷やすためのものだが、ターボ車にとってこれはすごく効果的で、空気を冷やすことによって、エンジンに冷たい空気を入れることができる。

これがパワーの源と、エンジン保護になる。吸気温度が上がると、空気密度が下がりパワーダウンと、燃えやすい状態になってノッキングを誘発する!!だから、ドリフト、グリップのサーキット走行には必須なんですよ。
HKSインタークーラーSタイプ  

ラジエーターにオイルクーラーはエンジン保護のためのもの!!ラジエーターはノーマルの車でも、上でも書いたけど、運転のうまい人は、絶対に水温が上がってしまう・・・・・・。

だから、どこでつけるかは人によって違うワケだ。水温が100度を超えるのはマズイからね!!ライトUはインタークーラーまで入れないって人用です。ライトRはインタークーラーをつけても最強の冷えを約束します。
スーパーライトUラヂ  
スーパーライトRラヂ  

オイルクーラーに関しては、130度が今の合成オイルの限界だから、絶対にその温度以内で走ることは無理です。だからオイルクーラーは必要なんです。だって大切なエンジンを壊したくないもんね・・・。岡ちゃんは、ツインコアにして使ってますよ。
オイルクーラー取付込  

Z32エアフロ
15に関しては、ブースト1.1以上掛ける場合は、必要不可欠なパーツです。この辺から吸入抵抗も出てくるし、エアフロ容量も飽和状態になるので変えます。レスポンスアップします。パワーもアップします。お値段は32900円です。
Z32エアフロ  

15のインジェクターは、GTSSタービンまでは容量が足りますが、RSタービンにした場合は、容量が足りなくなりますので、ニスモ550インジェクターに変更します。

ポンプもSSタービンまではOKです。しかし、これにカムを入れた場合は、ニスモポンプに変えます。
ニスモ550インジェクター取付込  
ニスモポンプ取付込  

ブーストコントローラーは、最大ブーストを上げるパーツです。簡単にブーストが上がって、パワーを出すことが出来ます。ウチで使ってるブーストコントローラーはHKSのEVCWです。
HKS EVCW  

まだ車がノーマルの人はこんな感じの順番で、チューニングしていくんだよ。どっちにしても大切なお金を使うワケだから、良く考えることが大事です。どうやってよいものか分からない人は、岡ちゃんに相談してください。知ってる人は知ってると思うけど、キミの走りのレベルや使用状況や予算等を考慮し、その中で、今キミの走りに一番効率よく且つ、必要なパーツだけをチョイスしてあげますので、楽しく走る為に効率良くやりましょうね!!

これがさぁ〜たまにいるんだけど・・・。調子こいてお金使いすぎて走れなくなったなんて、くれぐれも無いように・・・・・。走れないとホントにつまらないからね・・・。

チューニングするために乗るんじゃなくて、
走る為に必要だからチューニングするんだからね!!
みんな・・・わかったかな?????

※記事は大分前に書いたものなので、現在価格と若干変っていることがありますのでご了承下さい。高くなることはあってもなかなか安くならないのが今の世の中ですね・・・・。表示価格は税抜きです。

続く・・・・















BACK

Yashio Factory 〒340-0002 ADDRESS 埼玉県草加市青柳2-4-5
[TEL]048-948-7140[FAX]048-948-7141 (C) Yashio Factory All Rights Reserved.