発売以来ご好評頂いております。既に使われている方も多くいらっしゃるとことと思います。シルビア用失火防止&点火系強化ハーネスの「岡ちゃん天下統一」点火系を強化するハーネスは数あれど、シルビアならではの点火系の弱点をも克服した画期的なハーネスです。

これを作った背景には、これまでに数え切れない台数のシルビアセッティングしてきた中で、特にS15は高回転のある部分でほぼ必ずと言って良い程に失火現象に見舞われ、失火領域だけはどうしても腫れ物を触るが如くのセッティングを余儀なくされていました。セッティングを煮詰めきれないどころか、失火する確率が高かった為に、当時の業界では13・14のユニットやハーネスに交換したりと、様々な試行錯誤が繰り広げられましたが、
ヤシオファクトリーでは、15は15ハーネスと15ユニットで走れないことには・・・これが全ての始まりです。




コイルが何故駄目になるのか?その根本原因を突き詰めたところ、原因は意外なところから・・・。コイルと配線を繋ぐカプラーの勘合が弱い為、接点不良を起こし異常発熱。その熱がコイルをパンクさせていた事実を突き止めました。原因が分かれば、後は対策あるのみ。特にS15で起きるコイルの接点不良からくる不調を解決する為、接続端子には金メッキを採用し(信号腺に採用)ノーマルコネクターの勘合の甘さを解決する為にコネクター形状を変更。

信号線端子は腐食、劣化に強い金メッキ仕様。 接触不良を引き起こしコイルをパンクさせた原因であるカプラーは勘合強化を重視して新規カプラーを選定。

貧弱な太さの純正アース配線は一から見直し。アースは直接バッテリーに戻すように配線を変更。電源線はノーマルの3倍の太さを持たせ、複数の経路を辿った上で取られている電源をシンプルにバッテリーから直接電源を取ることで点火で起きるノイズも最小限に抑えられる仕組みです。更に、チューニング人間たる所以かもしれませんが、どうせ作るなら・・・これ以上のものは存在しないだろ的なダメ押し要素として、接点復活材のナノカーボンを塗布。1ナノメーター=1/1000ミクロンの世界で端子接点部分のミクロの凸凹を埋めることで、更なる通電効率アップを狙っています。

ノイズ等の対策としてアース線も余裕の太さを持たせています。 電源線はノーマルの3倍。効率重視のバッテリー直接配線の為、勿論リレー、ヒューズも装備されています。

これらの結果、
一時電圧の電圧降下がノーマルの約0.6Vダウンから、岡ちゃん天下統一を装着したことにより0.2Vまで落ち幅を小さくすることに成功しました。「その差は実に0.4V」この差が分かる人は通ですね。点火は12Vのバッテリー電圧を約10000Vに昇圧し、プラグに強大な火花を供給します。12Vの時に約10000V・・・つまり、約800倍に昇圧させているのです。


上のグラフはノーマルと岡ちゃん天下統一を計測し比べたものです。グラフを見てもらえれば一目瞭然。
コイルへの一時電圧がノーマルと比べて0.4V近く電圧が違うということは・・・0.4V×800倍で320Vも上がり、その分火花も強くなります。

天下統一が生まれる前は、失火現象が起こりうる領域でのCPUセッティングは、腫れ物を触るが如くのセッティングを余儀なくされていましたが、今では更に突詰めたコンピューターセッティングは当然のこと、失火防止&点火系強化をする上で当り前の装備と言われるまでに成長しました。
完全ノーマル車両に取付けても十分効果はあります。しかし天下統一の真骨頂は、CPUをリセッティングにより、これまで隠されていたパワーを呼び起こせることです。勿論これだけでリセッティングも行いますが、ブーストアップ等の機会に一緒にやると更なる効果が期待できます。

「岡ちゃん天下統一」定価 \18,000- [+税] 岡ちゃんeショップなら特別価格15,300円- [+税]でお買い求めできます。
適合車種(車両形式)(R)PS13 / S14 / S15 (SR20DET エンジン車適合)



BACK